6、状況で、感じ方は 変化する。

《感情は、五感を通して、体験や経験、価値観、信念、思い込み、知識、【状況】を通して出てくるもの》 まさに、その通りだと思います。

マーガリン入りのパンは、食べ物じゃない!! と普段は思っていますが、
【食べる物が全くない状況】で、ものすごく空腹だったら、
マーガリン入りのパンを、有り難く頂くでしょう。それはそれは、美味しいと思って食べるでしょうね。

状況次第で、感情も真逆になりますね。

人はなんて身勝手なんでしょうね。

パンは、変わらないのに、
勝手に感情を変えているのですから。


7、【感情】が出てくる仕組みは、分かってもらえたかしら?
逆に、なぜ今この感情になったのか?を考えてみることで、自分自身のことが分かって来ます。

自分の価値観、自分の思い込み、自分の信念、知識、 どんな体験、経験から、この感情になったのか? 細かく分析してみるのです。

自分自身で自分のことを理解すると、曖昧だった感情がクリアーになり、自分の感情をコントロールしやすくなります。