12,感情を上げる方法です☆

12、エネルギー(感情)を上げる方法です☆

感情は、生きるエネルギーです。そのエネルギーを上げるためにすることは、感情を下げるものを避けたり、感情に影響があるものは何かを知るのが大切です。最近、よく言われる断捨離やお掃除するといいとか、なぜなのか?
お話して行こうと思います♪

☆感情を上げるためにすることリスト☆

▪好きなことをすること
▪休むこと
▪お掃除をすること
▪断捨離すること
▪場所の気を読むこと
▪感情は移ることを知ること
▪自分が出会った愛すべきネガティブな人を反面教師にすること
▪人をジャッジしないこと
▪嘘をつかないこと
▪他人と比べないこと
▪自分視点の考え方だけをしないこと
▪食べること
▪体に悪いものを入れないこと。経皮毒にも気をつけること
▪️直感に従って行動すること

これを1つ1つ感情にどう影響してるのか、お話して行きますね!!

まず始めに、
【好きなことをすること】
好きなことをしていると、時間も忘れて夢中になったりしますよね。
子供が夢中になって遊ぶように、好きなことをしてみましょう。何が好きか忘れてしまっている人もいるかもしれませんね。

好きなことなら、大変なことでも、それを乗り越えるワクワクがあります。
さかなクン平野レミさんのようにです。
好きなことをしていると、強い興味3.3にいたりします。それが続けば、陽気の3.5にいられるようになります。

私は、演劇が好きで、どんなに大変でもお稽古に行っていました。いろんなことを知るのが、楽しかったからです。

昔の私は、下を向いてネガティブで、0.5の悲嘆がベースの感情でした。
ベースの感情が0.5でも、好きなことをしている時は、感情が上がって行動力も出ます。 お稽古に行っている間や、人と接している時は、感情が上が
っておりました。きっと、2.8の満足か、時には3.5の陽気になっていたと思います。
でも、家に帰ると戻り、0.5 の悲嘆の感情になり、その感情の考え方ばかりしていました。ネガティブな感情です。自分を責めたり、悲しくなったり、未来が暗く感じたものです。

好きなことをする時間を、どんどん増やして、高い感情になっている時間を増やすのがよいです。それが定着します。

低い感情になってるのを、非難するのも、0.5の悲嘆の感情の考え方なので、
そんな低い感情のふがいない自分も認めてあげるのです。自分で自分を認めてあげると、物事も肯定的に見ることが出来ます。

さんまさんは、自分で自分を褒めると仰ってますが、さんまさんの感情は、高い位置でキープされていますね。自分で自分を肯定出来ていますよね。

皆さまも、ワクワクする好きなことをやってみてください。どんな些細なことでもいいのですよ。

私は朝、一杯の美味しいコーヒーを淹れる、それだけで気分が高揚し気持ちが上がったりします。
コーヒー豆も選ぶのも楽しいです。
どこの産地かを知り、その国の農家さんの暮らしが豊かになったらいいなと思いを馳せたりします。

フェアトレードの表示のあるコーヒーは、それに関わった方々が幸せな気持ちで作ってくれているからか、とても美味しく感じます。

好きだなと思うことを丁寧に味わってみてください。
本を読むのでも、DVDを見るのでも、観葉植物を育てるのでも、カフェ巡りでも、歌を歌うことでも、ドライブでも、旅行でも、温泉に入ることでも、遺跡巡りでも、絵を描くことでも、海に入ることでも、お料理することでも、旅をすることでも、周りの人の迷惑にならないことなら、何でもいいと思います。

自分がワクワクするものを、自分で探す感じですね♪
やってみたいなと思うことを、ちょっとやってみて、面白いと思うなら、続けてみると良いと思います。

自分のワクワクするものを見つけて、
自分をご機嫌にしてみてくださいね♪