感情を上げる方法☆【他人と比べないこと】です。

感情を上げる方法☆【他人と比べないこと】です。

世の中には、色んな人がいて、背が高い人も、美しい人も、頭の良い人も、明るい人も、お金持ちな人もいます。
自分は?と比べると、上には上がいて、
他人と比べている限り、自分は劣っていると思ってしまいます。

他人と比べていたら、いつまで経っても自分を認めることが出来ません。
自分と比べて、自分にないものにフォーカスしていませんか?

私は比べていましたね。あの子のが演技が上手とか、あの子のが才能あるとか。

でも、そういう考え方でいると、ずっと楽しくないのです。自分はいつでも劣っているように、すごい人と比べてしまうのです。



最近出会った人の考え方が素敵で、それを取り入れることにしました。
「俺、なんでも出来るっちゃーね」(福岡弁)
男性でしたが、自分で縫い物をされていて、
私がそれを見ていたときにその方が言った言葉です。
自己承認ができていて、それをやっている時も楽しそうでした。

私は、裁縫も得意で、小学校の時にも先生から、縫い物が綺麗と褒められていました。 ですが、自己承認ができないので、全然できていないと思うの
です。 浴衣を手縫いしたこともあり、その時に和裁の縫い方もマスターしたのですけど、超一流の人と比べて出来ないと思ってしまうのです。

実際、私は浴衣を縫うのに3ヶ月かかりましたが、私の母は、1日で縫ってしまう超一流なのです。

自分が今できることを、そのまま自分で認めてあげる。それって大事だなぁと思いました。
その上で、もっと上手くなりたいなら、向上心を持って練習して出来るようにすればいいのです。


トップのアスリートの方々は、ライバルはいるけれど、最後は自分との戦いとよく言いますね。 自分のパフォーマンスが100%出せるかなのでしょう。
練習するときは、「あの人みたいになりたい」と、目標を持ち目指す。
練習して目標に近づいていく。
最初から、目標の人のようには出来ません。
出来ないところから、みんなスタートするのです。 「自分には出来ない」
と出来ないことにフォーカスすると、進めません。
目標があり、そこへ近づくために一生懸命練習する。そうすれば、今の自分と、未来の自分には、明らかに差が出来ます。
出来ることが増えているはずです。
その頑張りを、自己承認する。
その積み重ねだと思います。

比べるのは他人ではなく今の自分と、未来の自分にしましょう。