感情を上げる方法☆【食べること】

【食べること】
食べること好きですか?私は大好きです!!

私たちが生きて行くために、食べること、飲むことは欠かせませんよね。
管理栄養士的(私は管理栄養士でもあります)には、バランスよく食べることをお薦めしますが、
人によっては、食べなくてもエネルギーを得られるタイプの方もいます。
それを知ってからは、人は同じではないので、一律の栄養指導は出来ないと感じています。
その人の身体ごとに、合う食べ物や飲み物も違うのです。私は、ご飯よりパンの方が合うようで、
朝ごはんはパンにしていたりします。もちろん、ご飯も好きなので食べますけど、ご飯だけには出来ない体質です。野菜やフルーツが合うし、飲み物は、コーヒーが合うという結果でした。

私の場合は、結果と好みが同じでした。

これは、メタトロンというロシアの量子波動器で測定してもらいました。

お友達は、お肉系が合うという結果で、私とは全く合う食べ物が違っておりました。
痩せたいからと、野菜中心のお食事をしていたようですが、それは合わないという結果でした。結果を知ってからは、お肉中心のお食事内容に変えたようです。
興味のある方は、メタトロンを体験してみると良いですよ。
合う食べ物の方が、スムーズにエネルギーになりますからね。


さて、話は戻りますが、

普通の人は食べたり、飲んだりしてエネルギーを得ますよね。

このブログで、何度か食べ物のことを書いているのは、感情は生きるエネルギーで、食べ物はそのエネルギーの元になってくれるからです。

私の体験談ですが、
ある日、お稽古をして、家に帰る道中、なぜかふさぎ込んでしまい、感情が上がらないなと思っていました。何か自分に起こったのではと不安になりました。(感情が下がったので、不安になったのですけどね)

家に帰り、夕食を食べたら、すぐ感情が上がり元通りになりました!!
何も不安になることはなかったのです。
単なる、エネルギーがなくなっただけでした。
食べると、感情が上がるって、結構単純ですよね(笑)
感情が下がったと感じたら、食べてみるのもいいと思います。

そして、食べ物の質のお話。
これからの時代は、食べる質も大事です。
私が、高校生の時、食品化学科を専攻しておりました。もちろん、先生も専門の先生でした。

ある先生は、大手のパンメーカーで新製品の開発の仕事をされていた時のお話をしてくれました。
聞いた時はショックでしたね。

食パンを作る時に、原材料を安くするにはどうしたらいいか? それが研究課題だったそうです。

材料で、砂糖は高いから、甘味料にしてみよう!!とやってみたら、砂糖のおかげでカラメル化が起こり、食パンの焦げ色がつくようで、甘味料では色がつかなかったので却下になったようです。
(ですが、今は白いパンは普通に売っていますよね)

では、乳化剤です。
油と水を混ぜてくれるものを言います。
卵は、油と水を混ぜてくれます。
でも使うと高いから、油と水を混ぜてくれるもの何かないか?と考えたそうです。
そして目の前にあったのが、食器用の洗剤(○マレモン)!!食器用洗剤も、油と水を混ぜて汚れを落とすので、乳化剤だ!!
しかも、レモンの風味がして美味しいかもしれないと作ってみたそうですが、膨らまなかったので却下になったそうです。

そうした結果出来た今のパンの乳化剤は、中身は何が入っているのでしょうね。
(乳化剤と書いていても、いくつかの食品添加物を複合して入れていたりするので、何が入っているか分からないです)

食器用洗剤で、パンが膨らまなかったから却下になりましたが、膨らんでいたら、商品化していたそうです。

つまり、こうやって今ある食べ物は、研究されて、安い原材料で作られています。
本来、食べ物でないものが入っている可能性は大です(食品添加物をそのまま直に食べたりしないですよね)
ちょっとであれば害がないと、多くのメーカーが入れています。

本来であれば、

食パンなら、
【強力粉、砂糖、バター、塩、牛乳(スキムミルク)、ドライイースト
が原材料です。素材がわかるものばかりですね。

天然酵母で食パンを作ると、
【全粉粒小麦、砂糖、塩、天然酵母
だそうです。シンプルですね。

それが、こうしていろんな物が入れられています。

▪️あるパン屋さんの食パン
小麦粉、クリーム(乳製品)、砂糖、バター、マーガリン、パン酵母、食塩、乳化剤、香料、イーストフード、pH調整剤、VC(ビタミンC)


▪️あるコンビニの食パン
小麦粉、砂糖、マーガリン、砂糖混合ブドウ糖果糖液糖、パン酵母、食塩、ショートニング、発酵風味料、VC(ビタミンC)


このブログを最初から読んで下さっている方は、
マーガリンが入っているパンは、パンじゃないと思って下さると思いますが、
他にも気になるものが入っていたりします。
砂糖混合ブドウ糖果糖液糖の原材料は、何かな?
と私は考えます。たぶん、遺伝子組み換えのコーン(とうもろこし)から作っているだろうなとかね。
ショートニングも、マーガリンと同じ作り方しているので、食べ物ではないと私は認識してますし。
ビタミンCも合成だろうなと。合成は、形が同じでも天然のビタミンCとは異なるものなので、
身体に良いかと聞かれたら、お薦めは出来ないと答えますね。

形は美味しそうなパンであっても、
中身は、本物の食べ物ではなかったりします。


なので、私は、原材料にこだわっているパン屋さんで買うことにしています。


先生が仰っていました。会社では、「消費者はバカで、騙されやすいとから、いかに騙して多く売り、利益をあげるか」それが最優先だったそうです。

見た目が同じで、味も良ければ、中身が変わっていても気づかないからです。

この頃から、ふんわり食パンが売り出されましたが、1斤のパン種を、⒈5斤の大きさの型で焼くと、中身がスカスカになるので、それをふんわりと言って売り出したと言ってました。
それも、1斤の食パンよりお値段を高くしてです。よく売れたと仰ってました。

CMのキャッチコピーに騙されてはいけません。

ある商品が、
『日本だけで解禁!!』
とCMしていました。アメリカでは売っていないのです。 日本人だけ買えるという特別感が出ていました。

でもなぜアメリカでは買えないのでしょうか?

それは、その商品の中にある甘味料が、アメリカでは禁止になったからです。他の国でも使えないから、その余った甘味料を、日本でのみ販売しているのです。
それを喜んで買っている日本人は、どれだけ馬鹿にされてるのでしょうね。


調味料もそうです。
調味料も、なんちゃって調味料になっていて、本物ではないものが出回っています。
原材料を見てください。本物はシンプルです。

昔からの製法で作っている調味料に変えるだけでも、体調は変わりますし、
化学調味料を美味しいと思ってしまう味覚を、変えることができます。

大手の会社ですが、添加物入りの商品を作っていたのを、途中から企業理念を転換し、安心安全な商品作りをしている会社があります。
食品添加物無添加で作ったミートボールを作っている、石井食品株式会社さんです。イシイのミートボールを作っています。

添加物を入れると、品質が維持され、長持ちしたりする利点もあります。それを、シンプルな原材料にして、しかもその素材にもこだわっています。
企業努力を感じますよね。
大手の企業でも、やろうと思えばやれることを示して下さいました。



私たちは、どんな会社から買いたいのでしょうか?


騙して売っても平気な会社ですか?
それとも、消費者の健康まで考えて、企業努力されてる会社ですか?


会社で働く従業員の方々は、本当に良いと思えるものを売っていますか?

嘘なく、自分の会社の商品をお薦めできますか?

お金儲けのために、人を騙していませんか?




感情を上げるには、
質の良い食べ物が必要です。

ですが、今の世の中には、偽物の食べ物がほとんどになっています。


偽物は、嘘から出来たものですから、ネガティブなエネルギーがついています。そういう食べ物を食べると、エネルギーは下がります。

本物の食べ物を食べると、エネルギーは上がります。

感情を上げたいなら、本物の食べ物に変えてみましょう♪
本物は美味しくて、感情も上がり、身体が喜ぶお味ですよ♪