感情を上げる方法☆【食べること☆続き。感情と味覚】

皆さんは、感情で味が変わることは知ってますか?
感情は人にも移りますが、食べ物や飲み物にも移ります。

感情と味覚の実験を、みんなで体験したことがあります。
セミナーで、お一人が選ばれて、みんなにお茶を入れてくれました。
同じお茶の葉っぱで、同じ急須で、同じお湯で、
同じ人が入れたお茶ですが、
2回飲んで、全く違うお味になっていました。

1回は、怒りになる出来事を思い出して入れたお茶で、
もう1回は、嬉しかったことを思い出して入れたお茶です。

どちらが、どんな感情で入れたものかは、
秘密にされて、みんなで飲んで感想を言い合いました。色んな意見がありましたが、
飲んだ人たちのほとんどが、美味しくないと言ったお茶は、怒りの感情で入れたお茶でした。
色のついたお湯みたいで、飲むとざらつきがある感じに私は思いました。
もう1つのお茶は、味わいが深くて、ほっこりするお味でした。飲み口は柔らかな感じで美味しかったです。

不思議ですよね。みんなが、美味しくないと言うお茶と、美味しいというお茶は、同じお茶っ葉で同じ人が同じ行動で入れてるのですから。
唯一、感情だけ違うようにしたのです。
もちろん、お茶っ葉は、毎回新しくしたので、一番茶のみだそうです。
美味しくないのは、出がらしなのでは?と思うぐらい、お味が全然違っていました。


私が、お料理人として働いている時に、一流のシェフの賄いを食べさせて頂きましたが、
やはり、そのシェフの味というのがあって、どんなお料理でも、その方の味が出ます。
一流のシェフは感情が高いので、何を作っても、とっても美味しくて、幸せになるお味でした。

同じ材料、同じ作り方をしていても、
違う人が作ると、美味しくなかったりします。
それも、その人のお味がして、
毎回、同じで微妙だったりします。美味しいと言えない味わいなのです。

お料理の腕も関係ありますけど、
最後は感情が影響していると思います。

感情が低いなと思う人のお料理は、美味しい!!と絶賛は出来ないので、
残念ながら、一流のシェフにはなれないですね。


どんな感情で、お料理を作るのか?


高い感情で作ると、
美味しいものを作りたい!!とか、
お客様に喜んでもらいたい!!と思って、
そのために、丁寧に仕事して、盛り付けを美しくしたり工夫しますね。
お料理に対して、愛情が深くなります。手間暇も多くなります。
高い感情の方は、腕が一流になって行きますよね。

感情で、お水の結晶も変わります。
どんな気持ちで、作っているかで、材料自体も変化して、美味しさも変わるのでしょう。

低い感情の人のお料理を食べると、感情が移りますから、下がります。
美味しくないと思う時点で、下がりますよね。

超美味しい!!と思えると、感情も上がります♪
だから幸せになるお味なのです。

お料理は、それを作ってくれてる料理人の感情も入るのです♪

ご家庭でも、愛情のある手作りのお食事なら、家族みんなが幸せになると思います♪

そして、
原材料を作ってくれている人の感情も入りますから、原材料を選ぶのも大事ですよ。

パンでいうと、原材料の小麦粉を作ってくれている農家さんは、どんな人でどんな感情で作ってくれたのでしょうか?


大量生産するために、除草剤と化学肥料を農地にいっぱいまき、遺伝子組み換えの種を蒔いていたのでしょうか?

手間隙かけて、無農薬で、草取りを毎日毎日やって、愛情かけて、やっと出来た小麦粉でしょうか?


どちらのが美味しいでしょうか?


農地にまく肥料も考えてしまいます。
糞を撒きますが、その元の牛、豚、鶏さんたちは、幸せに生きてるのでしょうか?

餌は何を食べていたのでしょう?
遺伝子組み換え作物でしょうか?
病気にならないように注射されてなかったでしょうか?
自由はあるのでしょうか?
どんな環境で生きていたのでしょうか?


ある映画で、ひよこが、引き出しにいっぱい詰められているのを観ました。
そこでは、ひよこは生き物として扱われていなくて、物として扱われていました。

私が気持ち悪くなった鶏肉の鶏さんは、そうやって育てられたのかもしれません。


あなたが食べている食べ物は、どこでどんな人が作ってくれてるのでしょう。


もしご自分の人生を、豊かに健康で幸せに過ごしたいと思うならば、愛情のある人が作ったもので、原材料までこだわっているものを選択されると良いと思います。

どんな人が作っているか?
作り手が見える食べ物がいいですよ♪

私は、お米は、農家さんから直接購入しています。
作っている姿も見て、この方のお米が食べたいと思いました。楽しそうに作っているので、
感情が高く、それがまたお米の美味しさに繋がっています。

そして、こういう作り手さんは、
AI に負けません。

感情を高くしたいなら、材料にも作り方にもこだわりがある、感情の高い人が作る食べ物や飲み物を、選んでくださいね♪

お料理の腕に自信のないかたは、材料を良いものにして、愛情たっぷりにするだけで、
美味しいお料理が出来るようになりますよ。

お料理を作るのも、材料が良いとシンプルな作り方で充分美味しくなりますからね!!